メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

投資テーマ銘柄

eスポーツ関連銘柄、大手証券アナリストレポートから厳選9銘柄

eスポーツ関連銘柄

eスポーツ大会2017

eスポーツとは、「e」はエレクトロニックの意味で、コンピューターゲーム、モバイルゲームなど対戦相手がある競技ゲーム全般の意味。世界ではe-Sportsが日本よりも進んでおり、プロゲーマーが職業として存在できるうえ「eスポーツ大会」の賞金額が大きいことが注目されています。

欧米、韓国がこの世界では進んでいますが、日本では格闘ゲームがe-Sportsとやっと認知されてきた程度で、競技人口がまだまだ少なく、2015年に開催されたカプコンカップは賞金総額が5000万円と海外の大会に比べると少額という点も遅れている理由と思われます。

eスポーツ市場規模は拡大傾向にあり、「newzoo」による市場規模予想は、2015年は3億2500万ドル、2017年予想は6億9600万ドル、2020年予想は14億8800万ドルと急成長分野とみられています。

一般社団法人日本eスポーツ協会では、主なeスポーツジャンルとプレイヤー人口推定を格闘ゲームの「ストリートファイターV」でプレイヤー推定人口200万本、シューティングのOverwatchで3000万人、マルチオンラインのLeague of Legendsが7500万人、戦闘ゲームのStarcraft2が500万人、サッカーゲームのFIFA17で2100万本と紹介している。

SMBC日興証券アナリストレポートでは、日本企業のゲーム分野に強みがある事や、成長市場で投資家からも関心度が高まってきているeスポーツ関連銘柄を9銘柄レポートで紹介している。

「eスポーツ関連銘柄」SMBC日興証券より

2121 ミクシィ モンスターストライク eスポーツ大会を開催
3659 ネクソン eスポーツ専用施設NEXON ARENAをソウルに開設
3904 カヤック RANKERSはモバイルeスポーツプラットフォーム
4751 サイバーエージェント 国内最大級eスポーツ大会RAGEで自社タイトルShadowverseを競技タイトルに
7832 バンダイナムコ EVOでバンナム鉄拳7がeスポーツ競技タイトルに
7974 任天堂 スプラトゥーン大会、EVO Japan2018でスマプラ、ARMSが競技タイトルに採用
9468 カドカワ 子会社ドワンゴが主催する闇会議でスプラトゥーン甲子園などゲーム大会
9697 カプコン ストリートファイターVはEVO,RAGEなどでeスポーツ競技タイトル
9766 コナミ ウイニングイレブン、実況パワフルプロ野球などeスポーツ大会を開催
サラリーマン投資家ランキング 今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

東京ゲームショウ2016関連銘柄、VRにクリーク・アンド・リバー

  

-投資テーマ銘柄
-, , , ,