メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

8月のターゲットリストSMBC日興証券が新規採用8銘柄入替

日本株は「出遅れ」の局面にこそ注目すべき

SMBC日興証券は7月から9月は3つの意味で「転換」が訪れやすいと指摘、日本株は「出遅れ」の局面にこそ注目すべき、製造業循環の斑点が重要、日本株見直しされる場合ガバナンス改善にも着目される公算とレポートをリリースした。

東証一部市場の売買高の低調、連日の売買代金2兆円割れ、投資家のセンチメント低下は過去のボトム近傍まで悪化しているが、日本株は7月~9月に3つの転換が訪れると予想。

第一の転換は、足元数か月間で起こった債権ラリーの転換。米国金利がISM製造業指数の下落に合わせて大幅に下落した。リセッションを織り込む水準に到達、1998年のときは最初の利下げ後に金利が反転した歴史があるという。


参考プロレベルの資産運用を誰にでも。

8月の日本株見通しと注目銘柄

新しく作成された「8月のターゲットリスト」は新規8銘柄を新規採用して合計10銘柄で構成されている。相場の「転換」に備えて株価下落幅が大きく、バリュエーション見直し余地が大きい銘柄を中心に選定したと解説されている。

8月のターゲットリスト
証券コード 企業名 業種セクター
3402 東レ NEW 化学繊維
4324 電通 メディア
4502 武田薬品 NEW 医薬品
6976 太陽誘電 電子部品
7203 トヨタ自動車 NEW 自動車
8593 三菱UFJリース NEW 金融サービス
8801 三井不動産 NEW 不動産
9513 電源開発 NEW 電力ガス
9613 NTTデータ NEW ビジネスソフトITサービス
9616 共立メンテナンス NEW サービスレジャー

参考サラリーマン投資家注目株ランキング



資産運用シミュレーション(無料)

Theo+docomo
THEO+ docomo(テオプラスドコモ)が新手数料、おつり積立投資キャンペーンを開始。NTTドコモユーザーは dポイントが毎月貯まる新しいタイプの人工知能を駆使したロボットアドバイザー資産運用。「老後2000万円問題」から資産運用セミナー、iDeCo など資産運用が大注目されています。

株式投資、FX投資、暗号通貨投資(仮想通貨)など知識や投資に費やす時間が無い方でも「おまかせ投資」できるうえ、初めての方もスマホから簡単3ステップで無料口座開設がスピーディーに完了!

THEO+ docomo の特長

・資産運用ロボアドにAI(人工知能)搭載
・dポイントが運用額に応じて毎月貯まるメリット
・買い物の「おつり」で投資できるメリット
・機関投資家が採用しているアルゴリズム
・スマホから1万円で始められ自動積立投資が可能
・下記バナーから「資産運用シュミレーション」が無料


THEO AIアシスト-AIを活用してさらなる安心を。
〜国内主要ロボアド唯一のAI搭載(2018年8月末時点)
AIが資産の大幅下落を予想して、リスクを回避〜

  

-Market News
-, , , ,