メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

タカタ値上がり率トップ、米司法省と10億ドルで和解する見通しを好感

タカタストップ高、米司法省と和解内容で合意する見通し

タカタ(7312)が出来高をともない急反発。前日比100円(16.5%)ストップ高の707円まで買われ、同水準で取引が成立した後も買いが流入している。東証1部の値上がり率ランキングでトップ。ウォールストリートジャーナル電子版が29日に、事情に詳しい複数の関係者の話として、「米司法省との和解に近づいている。来年初めにも和解内容で合意する見通しだ」と伝えられた。

報道によると、「タカタは最大10億ドル(約1180億円)の制裁金を支払うとみられている。だが関係者らは6~9億ドル程度で決着し得ると述べた」としている。

テクニカルでは、75日線に近づきつつあった5日線が、きょうの上昇で傾きをともなって右肩上がりになれば、安定上昇のトレンドに入る可能性がある。帯(中期線と長期線の間隔)が広いこともポジティブ。

タカタストップ高

参考【無料登録】リアルタイムに最新情報をメールでお届け
参考タカタ売買停止、「子会社の破産に関する報道の真偽等の確認のため」
参考タカタが米連邦破産法の適用を申請検討と米メディアが伝える




  

-Market News
-, , , , ,