メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

レーティングとは?

株レーティングの仕組み

投資家が注目するレーティングとは、証券会社のリサーチ部門に所属する証券アナリストが調査したレポートで投資判断の格付けを発表した物を意味する。「Rate=格付け」からくる言葉で、証券業界ではレーティングの種類が発表する証券会社によって呼び方が違う。

格付けレーティングには、「Buy」、「Sell」、「1」、「2」、「買い」、「中立」、「売り」、「Outperform(アウトパフォーム)」、「Underperform(アンダーパフォーム)」、「Overweight」、「A」、「B+」などがある。野村證券のレーティングでは「Buy」、「Neutral」の表現を使い、大和証券やSMBC日興証券では「1」、「2」、「3」などで表現する。モルガンスタンレー証券では「Overweight」、「Underweight」との表現を使い、ゴールドマンサックス証券では「近bクションリスト」という特別に「強い買い、強い売り」などを意味するレーティングもある。

プロの株式投資情報を格安で提供!注目株はアナリストにおまかせ

 

目標株価とは?

アナリストレポートには、レーティングと同時に目標株価を掲載している。必ずしも株価が目標株価を達成するとは限らないが、セルサイド(証券会社)のアナリストはバイサイド(機関投資家)へ配布するレポートに、投資参考情報としてPER、PBR、など収益性や成長性、企業価値を分析して目標株価を算出している。

 

アナリストレポートを発行している証券会社

野村証券
大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SMBC日興証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
立花証券
丸三証券

ゴールドマンサックス証券
クレディ・スイス証券
ドイツ証券
UBS証券
JPモルガン証券
メリルリンチ証券
シティグループ証券
モルガンスタンレー証券
マッコーリー証券

参照サイト:レーティングの意味と目標株価

 

スポンサーリンク

      

2016/09/14