メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

テクニカルチャート

日経平均株価チャート分析、2016年10月に安値をつけ年末は反発

みずほ証券では日経平均株価は10月安値、年末高を予想

nikkei225index-SBI
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券

みずほ証券によるチャートテクニカル分析では、日経平均株価は8月SQ値を下回っていると下落しやすいと指摘。

その場合、25日移動平均線や1万6000円が下値メドになるとの見方で、8月中は200日移動平均線を上値抵抗線に1万6000円から1万7000円を中心としたレンジで推移すると想定。

今週以降は徐々に下落、9月に本格的な調整局面に入る可能性があるとみて、10月頃に2016年安値を形成、1万4500円から1万5000円が下値抵抗帯になると解説。その後は年末に向け反発すると予想しています。

メルトレ人気コンテンツ「アナリストレポート拾い読み」をプレゼント配信

スポンサーリンク




やさしいチャート教室



数多くの運用担当者が最初に投資判断の基準にするものが移動平均線です。チャート分析における移動平均線はまさに投資の”基準”と言える大事な線です。

株価が移動平均線に対しどのような位置にあるかでその銘柄に対する投資判断は大きく変わります。本巻では株式投資に必要不可欠な「移動平均線をやさしく解説しています。また、本巻では特典映像として特別付録としてチャート分析のバイブルとも言える「一目均衡表」の紹介も行います」

 

  

-テクニカルチャート
-, , ,