メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

日本株投資戦略

半導体製造装置セクター・自動車部品セクター株式投資戦略

半導体製造装置セクター株式

野村證券半導体製造装置セクターのレポートでは、半導体製造装置の市場環境は徐々に改善しつつあると指摘。TSMCの巨額投資だけで製造装置メーカーの稼働率は急回復、NAND型フラッシュメモリの在庫水準は企業によって違いはあるものの徐々に正常レベルに戻りつつあり、各社の工場稼働率も100%となっていると解説。ソニー、TSMC、Intel、OSATと関係の深い銘柄に着目して、スクリーンホールディングス、ディスコ、日立ハイテクノロジーズを推奨しています。

自動車部品セクター株式

東海東京証券自動車・自動車部品セクターのレポートでは、多くの企業はコストコントロールで重大な問題に直面しているわけではなく、業績の先行きに関しては世界各国の新車需要見通しがカギを握っていると指摘。足元の新興国景気の底打ち観測ムードが継続していけば、割安な株価バリュエーションと大幅な下方修正完了を契機に、セクター投資判断の引き上げの可能性が高まっているとも考え、業界再編が自動車セクターの低バリュエーションの水準訂正を促しつつある解説。セクター判断を「中立」に設定。個別では、住友理工、パイオラックス、豊田自動織機、デンソー、日野自動車、フタバ産業、ミクニ、スズキ、豊田合成、エフ・シー・シー、ニフコを推奨しています。

よくわかる自動車部品セクター株 入門編

参考よくわかる自動車部品セクター株 入門編

参考サラリーマン投資家注目株ランキング
参考レーティング情報を毎朝メール配信・ザラバ注目株送ります




  

-日本株投資戦略
-,