メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

トランプ大統領=1ドル95円の円高、クリントン大統領=ドル高円安

2016/11/09

トランプ大統領=1ドル95円の円高、クリントン大統領=ドル高円安

米FOMCと日銀金融政策決定会合を控え、世界の株式・為替マーケットは再びリスクオフの動きとなった。米国利上げ観測が高まる要人発言などを受け、週末のNYダウ工業30種平均株価は約400ドル近い急落、週末の為替レート

野村證券は米大統領選挙でドル円相場シナリオをリリース。
http://stock.blogmura.com/salarymantrader/ranking.html

追記11月9日 大統領選挙後の株価と為替、5つの相場予想シナリオ

trunp-risk-usdjpy

ヒラリー・クリントン大統領シナリオ=ドル高円安

米大統領選挙でクリントン候補が勝利した場合、クリントン政権の政策追行能力の高まりから米国金利上昇、ドル高/円安圧力が高まる。12月利上げの可能性も高くなると予想。

ドナルド・トランプ大統領シナリオ=円は全面高

米大統領選挙でトランプ候補が勝利した場合、米ドルは資源国、新興国に対してドル高になる可能性があるが、日本円に対しては短期的にドル安の可能性が高い。その後は米国利上げの後送りが予想され、「トランプリスクは円の全面高」につながる。FRBで利下げリスクが意識されたら1ドル=95円の円高シナリオを描いている。

大統領選挙後の株価と為替、5つの相場予想シナリオ

スポンサーリンク




読んでおきたいオススメ注目レポート、空売りファンドが狙う日本株

  

-Market News
-, , ,