メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

富士重工決算発表は円安効果とSUV好調で従来予想を上回る業績観測

スバルSUV「アウトバック」が好調

SUBARUアウトバック

富士重工決算見通しは円安効果で従来予想を上回る営業利益4100億円

富士重工(7270)の2017年3月期の見通しは従来予想を上回る利益になりそうだと、日本経済新聞2月5日電子版が業績観測記事を報じている。

業績観測記事では「2017年3月期の連結営業利益が前期比28%減の4100億円程度」という、米国内での自動車販売が好調と円安効果で従来予想の34%減の3730億円を370億円程度上回る。新型小型車「インプレッサ」、SUV「アウトバック」が好調、米国工場でSUV生産能力を2倍に引き上げた。

先週末、ホンダ(7267)が業績上方修正を発表、今週は2月6日にトヨタ自動車(7203)、9日に日産自動車(7201)、8日に富士重工(7270)が注目されている中で決算発表を予定している。

参考2017年10大びっくり予想、波乱トランプ経済政策、一つの中国の見直し
参考三菱自動車決算発表、黒字転換でポジティブサプライズ格上げの動き
参考決算発表予定、トヨタ自動車、日立製作所、任天堂(2016年4月~12月)
参考トヨタ自動車決算発表、上方修正と自社株買い2000億円ポジティブ
参考トランプ大統領メキシコ生産自動車に輸入関税、日本自動車産業へ影響




  

-Market News
-, , , , ,