メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

リチウムイオン電池セパレーター増産報道で田中化学研究所ストップ高

田中化研(4080)がストップ高カイ気配、リチウムイオン電池セパレーターの増産報道で動意

tanaka-chem

リアルタイム株価情報のおすすめ証券会社マーケットスピード

田中化学研究所(4080)が急騰。カイ気配となり、前日比150円(17.8%)ストップ高の991円まで気配値を切り上げ、同水準で取引が成立した後も買いが流入している。7日付の日本経済新聞で、「住友化学(4005)は200億円を投じて電池のショートを防ぐ材料の増産を2年前倒しする」と伝えられた。

報道ではまた、「住化は韓国でリチウムイオン電池の発火を防ぐ膜『セパレーター(絶縁材)』の生産能力を2018年半ばまでに16年初めの約4倍の年4億平方メートルに引き上げる」としており、リチウムイオン電池向けの正極材を手掛けるほか、住友化の連結子会社となる見込みとなっている田中化研に物色の矛先が向かった。

きょうはダブル・スコープ(6619)も大幅高となり、東証1部の値上がり率ランキングでベストテン入りしている。

田中化学研究所ストップ高、住友化学に1株626円で第三者割当増資

ダブルスコープ、岩井コスモ証券がレーティング「A」へ格上げ

ポケモンGO効果、アメリカではスマホ向け電池関連株が買われている

7日間無料お試し

スポンサーリンク




  

-Market News
-, , , ,