メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

レオパレス21株価急落、100人以上のアパート大家が全国一斉提訴

レオパレス21、アパート大家と家賃保証トラブル

レオパレス21集団提訴



レオパレス21(8848)が急落、東証一部市場の値下がり率ランキング3位にランクイン。株価は前日比54円安の562円まで売り込まれる場面もあった。前引けは37円安の579円で大陰線チャートとなっている。

22日、朝日新聞デジタルが「家賃減収、大家が提訴へ レオパレス21「10年不変」と報じたことが売り手掛かり材料となった。報道によると「家賃収入は10年間変わらない契約でアパートを建てたのに、6年後に減額されたとしてレオパレス21を提訴するという」、さらに全国で100人以上のオーナーが一斉提訴を検討しているという。

この報道を受けてレオパレス21株価は急落、さらに大東建託(1878)にも連想売りが広がっている。大東建託は土地活用としてアパート建設、運営を地主へ「35年一括借上」などマネジメントしているだけに「家賃保証」などが社会的に注目されている。

賃貸

参考毎日の投資情報・短期スイングトレード銘柄を配信
参考5%ルール大量保有報告書 レオパレス21(8848)-アセットマネジメントOne
参考スプリント経営権譲渡、ソフトバンク株価に与える影響はポジティブ

CITIグループ、そーせいグループを「1H」、レオパレス21格下げ

  

-Market News
-, , , ,