メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

大東建託アパート建築受注高が9か月ぶりに回復し前月比11%増

地主アパート経営、サラリーマン大家さん

相続税節税対策でアパート建築ブーム、サラリーマン大家さんが増えてアパート経営で資産運用する投資家が一般化してきた。銀行融資をアパート経営投資にする企業との癒着が一時問題沙汰されたが、引き続き業界動向は好調。

アパート融資規制が気になる材料ではあるものの、大東建託(1878)はアパート建築受注高が好調。7月4日に発表されたKPIで、9ヶ月ぶりに前年同月比11%増となった。

野村證券は6月単月としては、過去最高の受注額を達成した大東建託の投資判断を「BUY」継続、目標株価19500円継続とレポートで紹介。同社は2017年6月末時点で、103万戸のアパートを一括借上げ、空室率は3.51%で過去最低だという。

大東建託アパート建築受注高

参考7日間無料トライアル・メールマガジンで配信される内容
参考売りシグナル・買いシグナルがわかる一目均衡表チャート

  

-Market News
-, , , , , ,