メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ドッドフランク法関連株として三菱UFJ、野村HDなど金融株に注目

ドッド・フランク法廃止関連株が賑わう

先週末のNY株式市場は金融株が大幅高となり相場のけん引役となった。ダウ工業株30種平均は186ドル高となり2万ドルを回復、トランプラリー相場はまだ終わっていないと感じさせられた。

相場の原動力はトランプ大統領がドット・フランク法(米金融規制改革法)を見直しする指示の大統領令に署名したことが株式市場で好感された。ゴールドマンサックス、アメリカンエキスプレス、JPモルガンなどが大幅に値上がり、中小企業への資金繰りが借りやすくなるとの期待感が米国景気を押し上げると好感された。

きょうの東京株式市場でもメガバンク中心に買いが入ると予想される、米国ユニオンバンク、モルガンスタンレーを傘下に持つ三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が物色の中心、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、みずほフィナンシャルグループ(8411)。野村HD(8604)、大和証券グループ本社(8601)、第一生命保険(8750)、オリックス(8591)などノンバンク株も物色対象が広がりそう。

大和証券では野村HDのレーティングを「2」へ格上げが確認されている。

ドット・フランク法関連銘柄

参考野村證券が三菱UFJフィナンシャル(8306)をトップピック銘柄に
参考GPIF保有銘柄リスト2120銘柄(国内株式)上位はトヨタ、三菱UFJ、NTT
参考ビットコイン(仮想通貨)関連銘柄、投資家が注目する11銘柄リスト

プロの株式投資情報を格安で提供!注目株はアナリストにおまかせ




  

-Market News
-, , , , ,