メルトレcom

レーティング注目株、マーケット最新情報メール配信

Market News

ドイツ銀行経営リスク高まり株価は過去最安値、ドイツ政府は支援無し

ドイツ政府メルケル首相、「ドイツ銀行を支援するつもりはない」と発言

deutschebank

ドイツ銀行株価が過去最安値圏まで下落しており、欧州金融危機が銀行株下落を誘導している。ドイツ銀行顧客のヘッジファンドなどが委託業務を他行に移していると伝わり、9月29日日の米株式市場でドイツ銀行の株価が下落。欧州を中心とした金融システム不安への懸念が、きょうの東京市場でも広がっている。

CDS市場ではドイツ銀行の保証料率が急騰しており、9月中旬に2%前後だったものが2.5%近辺まで上昇している。これは投資家がリスクを警戒している表れであり、6月に英国EU離脱(BREXIT)と同水準になっている。市場では2011年に起きたユーロ危機には3%まで上昇した経緯から楽観視できず警戒が高まっている。

米司法省はドイツ銀行に対しリーマンショック前に販売した、MBS(住宅ローン担保証券)に日本円で約1兆4300億円(140億ドル)の和解金を求めているが、ドイツ政府は「ドイツ銀行を支援するつもりがない」とメルケル首相が発言したことで市場はドイツ銀行経営危機を感じているという。

世界の株式市場ではドイツ銀行株の過去最安値、イタリアの銀行モンテパスキ銀行の不良債権問題と欧州金融問題から、米国金融機関、日本の銀行株まで売り材料視されている。30日の東京株式市場では三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友FG(8316)、みずほFG(8411)、第一生命保険(8750)、日本郵政(6178)、ゆうちょ銀行(7182)、かんぽ生命保険(7181)など株価下落が波及している。

メルトレ投資情報サービス内容

ドイツ銀行株急落は欧州金融危機、モンテパスキ銀行は年初来安値更新

 

世界同時 超暴落

欧州壊滅 世界急変: 「英EU離脱」で始まる金融大破局の連鎖

世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち (文春文庫)

 

モンテ・パスキ銀行の株価は350分の1に大暴落

 

|スポンサーリンク



  

-Market News
-, , , , , , , ,